賃貸不動産の資産価値

築年数を意識した家探し

借手も貸手も喜ぶ賃貸交渉

不動産の賃貸契約では、敷金礼金や仲介手数料などの諸費用が必要です。一方、賃貸不動産の価値は収益力で決まります。つまり、月々の家賃がいくらかで、物件の資産価値が決まることになります。 そこで、月々の家賃を下げると資産価値も下がってしまうので、月額は変えないまま、諸費用を下げたり、フリーレント期間を設けると、物件の資産価値まで下がることは避けられます。 入居者が価格交渉をする場合は、オーナーの損害を最小限にする方法として提案してみると効果的です。

賃貸経営をするメリット

賃貸経営は、不動産を貸し出すことで賃料を得る投資ですが、安定した収益を期待できるというメリットがあります。最初に建物を用意した後、建物の維持管理、必要に応じて賃借人との交渉をするなど、適切な行動をとっていれば、空室リスクも抑えることができます。また、賃貸経営の中には、不動産業者に一括で借り上げてもらう方法もあり、この場合は投資した側が空室リスクを負う必要がなく、管理もしてもらえることから、副収入で安定して収入を得ることができます。

↑PAGE TOP