家探しで大事な耐震性

家探しは築年数より耐震性

  • トップ /
  • 家探しは築年数より耐震性

耐震性を見極めた家探しが必要

自分と家族が住むにあたって、家探しの物件価格は大変気になります。安いと思っても築年数が何十年も経っていたり、その場合はリフォームも必要になってくるだろうし、そして最近全国各地で頻発している地震に対する耐震性も気になるところです。1981年に耐震基準の大きな見直しがあって以来、その基準を満たしていれば大きな地震にあっても大丈夫と言われています。が、やはり耐震チェックなどを行い、耐震性の高さ、性能は確認しておく必要があります。一戸建てかマンションであるかでも違うでしょうが、家探しを行う上でここは押さえておかないといけない大きなポイントです。マンションを購入するのであればそのマンションそのものの修繕計画があるはずで、築年数を見越して、どのくらいの費用の負担が今後かかるのかを確認しておくべきです。メンテナンスの計画はないということもあるかもしれませんが、建物の寿命は短くなり価値は下がるものと思われます。一戸建ての購入であるならば修繕箇所と概算費用、また耐震基準値を満たしていないと思われましたら、築年数を考慮した修理に加えて、強度アップを考えた工事を視野に入れなければなりません。またその建物がどのような土地に建てられているのかも、耐震性には関わってきます。強固な土地に建っているのであれば、家部分である基礎部分から上の建物だけの強度アップを図ればいいのですが、そうでなければ土地の改良が必要となってきます。これはかなりの費用がかかりますから、家探しにおいては入手は控えたほうがいいと思われます。

↑PAGE TOP