賃貸物件という選択肢

築年数を意識した家探し

賃貸物件はコストを抑えられる

賃貸物件の良いところは、コストを抑えることができる事です。居住用にしろ事業用にしろ、購入するとなれば一度に大金が必要となります。その点、借りるのであれば、毎月の賃料を支払っていけばよいですが、この賃料を収入から支払っていける程度に抑えておけば、負担も重くなりません。そのため、建物を購入する余裕がないという人にとっては、賃貸物件は魅力的な選択肢です。しかも、色々なタイプがありますから、環境に合わせて選ぶこともできます。

マンションの劣化対策等級

鉄筋コンクリートで造られた建物の法定耐用年数は47年です。鉄筋コンクリートのマンションでも耐用年数が短いものと、長いものの差は建物本体の劣化のしにくさです。入居後の適切なメンテナンスや地震などの外的要因も関係してきます。建物の劣化のしにくさは専門性が高く一般人には難しいですが、簡単な見極め方法は住宅性能表示制度を利用したマンションの活用です。住宅性評価のうち3つの等級にわかれている劣化対策等級に注目します。等級3の場合には耐久年数が75~90年見込める建物です。

↑PAGE TOP